Miho Nagase

アジャイルコンサルタント。産業技術大学院大学特任准教授。

受託開発の現場でWebアプリケーションエンジニア、プロジェクトマネージャーとしての経験を重ね、2009年頃より所属組織でのアジャイルの導入と実践を通じ組織マネジメントを行う。現在は顧客へのアジャイル導入支援、教育研修、コーチングをしながら、産業技術大学院大学で教鞭を執っている。

共著書に『SCRUM BOOT CAMP THE BOOK』(翔泳社)。

Scrum Gathering Tokyo実行委員長(2013-2014) / スクラム道スタッフ /E-AGILITY協議会委員 / 認定スクラムプロフェッショナル(CSP) / プロジェクト・マネジメント・プロフェッショナル(PMP)

With over 15 years experience in IT I work as an independent Agile consultant, while also teaching at Advanced Institute of Industrial Technology as a part-time associate professor.
Besides as a programmer I worked as a project manager having 7 people under me, when I first came into contact with Agile methodologies. Since then, I started adopting and practcing Agile development especially XP and Scrum in my organization. After few years of struggle, I quit that company to be more available. The situation continues up to today.