Hiro SHINOHARA

Macintosh made me a computer kid. And Netscape told me what should I do in my life.

I started my career as a freelance web developer when I graduated high school. Then 2 years later I founded my first company called "messaliberty" to handle bigger projects. As messaliberty, I got funded by angel investors and VCs to focus on in-house apps and online businesses.

After that, I started to work with some giant companies and international startups to help their funding, product development, business development, team building and online marketing.

Until recently, I traveled a lot between Japan and Singapore to work for some startups. As a director or an advisor I helped to run a smartphone app business, and a hosting business.

In 2014, I'm starting a new product.

Life is short. But there're too many complicated stuff. I need to make it simple. That's what I'm doing right now.

子供の頃、身近にあった Macintosh の影響でコンピューターに強い関心を抱くようになる。そして11歳の時、Netscape 上場のニュースをテレビで見て、人生の方向性が決定づけられる。一時、酷くアニオタをこじらせたものの、リツコさんにあこがれて再び原点に戻ることになる。

高校卒業後、フリーランスとして Web サイト制作やシステム開発の仕事を始める。徐々に規模を拡大し、2年後に最初の会社、messaliberty を設立。ビデオポッドキャストや自社製品の開発など事業の幅が広がった事がきっかけとなり、資金調達を実行。エンジェル投資家や VC からをの支援を受ける。

その後、日本国内の大手企業や海外の IT 企業に対して、コンサルティングを行うようになる。対応分野は、資金調達、新製品開発や事業の立ちあげに伴う戦略の構築、そしてその遂行に必要な製品の設計や組織づくり、ソーシャルメディア上でのマーケティングなど。

最近はスタートアップ4-5社に役員やアドバイザーとして参画し、資金調達をしたり、ホスティング事業やスマートフォンアプリ関連事業の立ち上げを行なっている。シンガポール、東京、大阪あたりを行き来しているため、居場所は不特定。ちなみにビットコインが好きで、ビットコインのニュースメディアも運営中。

そして2014年、これまでの経験を総動員した新たなプロジェクトを北米で立ち上げるため、着々と準備を進めている。

Life is short. I need to make it simple.