Akira yamada

Yonezawa

大学の研究室で電気化学分野の研究をしていて、日々電池を作って実験をしています。

イベントの企画・運営をするサークルに所属していたので、今となっては緊張するような場面でも言いたいことが言えるようになりました。大学にはキャンパスが複数あり、離れた場所ごとにサークルもあったのでスカイプを使って会議をするときは自分から場の空気を和ませたり、機会があれば普段はあまり会えない仲間のところに足を運んでコミュニケーションをとることにも力を入れていました。おかげで仲間内で旅行や飲み会をするときの幹事もよくやっていました。

  • Education
    • College students