DJ Anvil

神奈川県出身のクラブDJ。2009年の5月から活動を開始し、ElectroとDrum'n'Bassを軸に活動を行っている。学生時代にDaft Punk、Les Rythme Digitales、Boys Noizeといったアーティストに影響を受け、2010年までは中野Heavysick Zeroや早稲田 茶箱、青山蜂などのパーティーに出演。

2010年の7月から一年の間活動を休止していたが、今年の7月、浅草Stellaで行われた「FULLGAUGE~RevenG to MGH~」にて復活を遂げる。DJスタイルも淡々としたプレイスタイルから一転、フロアを煽るプレイスタイルに変化を遂げる。

DJスタイルはPCDJ(DJ Console MkII)とCDJ。主にCDJでプレイしている。Electroを軸に、Fidget House、Bassline House、Electro House、Breaksといったジャンルを縦横無尽にクロスオーバーし、オーディエンスを沸かせる。多彩なジャンルへ繋ぐ意外性と安定感を持て合わせ、曲に対する熱意は人一倍に持っている。「この曲はみんなが知ってるから」ではなく、「この曲はぜひともオーディエンスに発信したい」をモットーに"文化"の発信を行っている。