Ishikawa Kanako

Writer in 東京都, 日本

Read my articles

ライター。リクルートHRマーケティング(現・リクルートキャリア)で新規開拓営業を経験。06年第1Q全社MVP、年間全社準MVPを受賞。その後出版社で広告企画・新規事業・Webメディア運用などに携わり、2012年よりフリーランス。

マーケティング、IT、ビジネス、エンタメ(テレビドラマ・視聴”質”分析・「tech×ドラマ」「マーケ×ドラマ」等)を得意とし、IT系スタートアップ数社のコンテンツプランニングも。100年企業の事業承継、新しい働き方、教育などにも興味があります。

連絡先:jobkanako(a)gmail.com

【ライティング実績】

■メディア

・「エンジニアtype」

シリコンバレーで働いて気付いた「技術力向上」だけに固執するエンジニアのダメさ【Sansan CTO 藤倉成太】

【hey佐藤裕介】天才と呼ばれた男が、20代で経験した挫折から学んだこと「若手エンジニアは“つよくてニューゲーム”状態をつくれ」

「真の情報製造小売業を目指すファーストリテイリング」進化の鍵を握る男が貫く、“世界で勝てる”組織づくりの掟【CTO 大谷晋平】

「自律型ロボットで“物流”に魔法をかける」立命館大発ベンチャー・Kyoto Roboticsの挑戦

・「20’s type」

“最恐エゴイスト”だった社会起業家が20代で下した一大決心「早く行きたいなら一人でもいい。でも遠くに行きたいなら皆で行け」

【幻冬舎・箕輪厚介】「置かれた場所で咲けないやつは、好きなことでも開花しない」“好き”を見つけたいと焦る20代への助言

CRAZY WEDDING創業者 山川咲「20代でかかった“がむしゃらの魔法”は、未来の自分へのプレゼントでした」

“しょぼい起業家”が説く、20代が生きづらさを払拭する術「キャバクラ化したオンラインサロンには入るな」「可愛がられる子分になれ」

日本人は給与制度のおかしさに気付いた方がいい。24歳の起業家・ペイミー後藤道輝が予想する【給与2.0】の世界

ほか

・現代ビジネス

スピード感と密度がケタ違い「ネット時代のドラマ」の新しい傾向

「無料の時代はいずれ終わるから」 ハフポストがいま本を出す理由

孤高の格闘家・青木真也が説く「勝率1%でも勝つ方法」

・連載中「リクナビNEXTジャーナル」

「テレビドラマからキャリアのヒントを学ぶシリーズ」

『わたし、定時で帰ります。』の登場人物に学ぶ、カラフルな働き方改革とは?

「義母と娘のブルース」で綾瀬はるか演じるキャリアウーマンのビジネス手法は、現場でどのくらい通用するの?

ドラマ『獣になれない私たち』新垣結衣演じる“すり減らし系女子”が、職場ストレスを解決する方法

「下町ロケット」佃製作所が新たなピンチに!──竹内涼真演じる現場社員は、どう動けばいい?

・連載中 Markezine(編集協力)

データで構築するテレビマーケティング

・連載中 月刊広報会議(雑誌/毎月1日発行)

「オウンドメディアの現場から」

・『事業構想』連載「事業承継で飛躍する」(連載終了)

・「東洋経済オンライン」構成

地味だけどいい政策を探しにいこう

・【教育】東洋経済新報社『THINK!』

思考力と忍耐力が問われる 深遠なる「中学受験算数」の世界

道具としての英語1 マイクロソフト元社長が明かす上達のコツ 1万語覚えて500時間聞けばミニマム・イングリッシュは身につく(成毛眞 HONZ 代表)

■企業HP、オウンドメディア

◆セールスフォース・ドットコム

コーポレートサイト・採用インタビュー

TVISION INSIGHTS株式会社

●テレビ番組視聴質分析レポート

2018年 FIFAワールドカップ 番組視聴質分析

第68回紅白歌合戦視聴質ランキング

ほか

●映画毎分視聴質レポート