hiroyuki kakehi

中学時代からロックに興味を持ち始め、14歳でエレキギターを手にする。

ロックに限らず、HR/HM、ブルース、J-Pop、クラブミュージック等、様々なスタイルの音楽に触れ、Eddie Van Halen、Eric Clapton、U2、浅倉大介、等といったアーティスト達の影響を受ける。

音楽学校でDTMを学び、スタジオミュージシャンのローディー/ツアーマニピュレーターとして活動

キャッチーなメロディー、そしてなにより「万人が楽しめる音楽」を常にモットーとし、さらにその先にある楽曲の力を常に探求。

時には季節を、時には温度を、時には風を、
そして、命を感じる音楽の制作を目指す。