Ryuji TOKIWAGI

Director, Consultant, and Public Speaker in 日本

Visit my restaurant

常盤木 龍治(ときわぎ りゅうじ )1976年5月、東京生まれ。

<現職>

レキサス(エバンジェリスト/事業推進部マネージャー)

LiLz(エバンジェリスト/経営戦略室長)

アロバ(エバンジェリスト/プロダクトアドバイザー)

ゑびや(エバンジェリスト/最高戦略責任者)

レキオパワーテクノロジー(エバンジェリスト/事業戦略アドバイザー)

<キャリアサマリー>

2001年テンダで技術者としてのキャリアをスタート。日本における最重要課題「ノウハウ継承」「動かないコンピュータをなくす」をテーマに、革新的ノウハウ継承ツール「Dojo」の企画・営業・導入支援コンサルティングを担当。導入社数1,600社以上、国内No.1シェアを誇るまでに育てる。

東洋ビジネスエンジニアリングでは日本を代表するSCM/ERPである「MCFrame」「A.S.I.A.」日本初のクラウド・SaaS型原価管理+BIサービス「MCFrame online原価管理」の営業・企画・マーケ・エバンジェリストを担当。

インフォテリアでは7年連続国内シェアNo.1(46.9%)、導入社数4,000社を誇るデータ連携ミドルウェア(EAI)、ASTERIAのプロダクトマネージャー・エバンジェリストを務める。

その後、世界のGDPの75%のトランザクションデータを司るSAPにて、首席エバンジェリストを務める。

現在、パラレルキャリアエバンジェリストとして活動中。

<1.レキサス>沖縄とシリコンバレーに拠点を構え、2030年に2,000億の経済効果創出を目指すレキサスにてエバンジェリストとして活動。

<2.アロバ>先進的マーケティングカメラ解析ソリューション「アロバビューコーロ」を企画、ビジネスデザイン、要素技術の選定からプロダクトデザインまでを広く担当。アロバのエバンジェリスト/プロダクトアドバイザーを務める。

<3.LiLz>AIとIoTに特化したユーザー体験を設計するLiLzで経営戦略室長 兼 エバンジェリスト、ASPICクラウドコンピューティング国際戦略委員を務める。

<4.ゑびや>創業100年以上、伊勢神宮内宮そば おかげ横丁にある『ゑびや』の実践の中で鍛え上げたAI 96%以上の的中率を誇る『来客予測式』をサービス化。最高戦略責任者/エバンジェリストとして、プロダクト/サービス設計と事業戦略全般、そしてエヴァンジェライズ全般を担当。デジタルトランスフォーメーションを“自社”で実践したリアルバウトなノウハウと実行力とテクノロジーで、日本の地方/小売/飲食の常識を変えていきます。 http://www.ise-ebiya.com

コミュニティ運営としては、GPU OKINAWA Community代表、沖縄 クラウドチャンプルーの実行副委員長、HANA Cloud Community沖縄の代表、TwilioJP-UGコアメンバー、kintone Café沖縄コアメンバーを務める。

国産ソフトウェア団体 MIJSコンソーシアム では、プロダクトビジネス推進委員会 副委員長、普及啓発WG長、メインプレゼンテーター、クラウド利用促進機構(CUPA)運営委員等の要職を歴任。

2010/2011 MIJSプレゼンコンペ チャンピオン。

10,000名を越えるカレー愛好者コミュニティ カレー部のキャプテン。

IT系スコッチモルトウイスキー部部長。

週刊BCN掲載 “世界一になれない仕事はしない”

https://www.weeklybcn.com/journal/face/detail/20100909_33439.html

掲載レポート JAWS Festa Kansai 2013 各社最強エバンジェリスト スペシャルパネルディスカッション

http://dev.classmethod.jp/cloud/aws/jaws-festa-kansai-2013-report-special-panel-discussion/

“老舗ベンチャー”ゑびや大食堂が「的中率9割」のAI事業予測をサービス化

https://japan.cnet.com/extra/ms_ebiya_201710/35112861/