市民の 正義研究会

市民ひとりひとりが自らの手で自分たちの住む町を暮らしやすくすることを目的とする。市長や議会に市民が情報の開示を求めたり、行政に意見を発言したりすることができるよう、公民連携に必要な知識を学び、行政に提案していくことを目指す。