Sho Allan

2006年1月に単身渡米。国外で大学を卒業し、現地でウェブマスターとして就労。日本へ帰国後はソーシャルネットワークオープンソース”Ning”を利用したビジネス展開を始め「株式会社シンカデザイン」を設立。また、2012年に日本小山田真国際交流基金 日本本部長に就任。現在は誰でもNingを利用できるよう執筆活動を行いながらソーシャルネットワークとリンクした「地域活性化モデル」を提唱中。